ちょっと寂しいことですが、ポケモンGOの賑わいに陰りが見え始めているというニュースが目立ちます。

ポケモンGOはこの危機を脱出できるのでしょうか。

▽若い人が去って行くポケモンGO現象。

対談者A:ネットの記事などを読んでいると『ポケモンGO、若者の離脱率増加』とか『ポケモンGO離れ、くっきり!』といった記事が目立つようになりました。

こんな感じにね→10代20代の「ポケモンGO」利用率が激減。理由は「つまらないから」

あんなに熱くなっていた若者がどうしてでしょうか?

対談者B:とくに20代の若者のポケモンGO離れが激しいらしいですね。

過去にやっていた人の30%が離脱とか~。

記事にもありましたが、ゴールのない争奪戦に飽きたのでしょうか。

メーカーさんも、思い切って新しいステージを用意すれば良かった。

少し長く引っ張りすぎましたね、

▽進化はしても終わりのないゲームは飽きられる?

対談者A:モンスターが進化したり育てたりといった程度ではダメですか?

対談者B:それはいいけれど、かつてのロールプレイングのような達成感と昇格感が薄いでしょ。

ステージが上がって登場モンスターも背景も変わるとか、ポケスポットもむずかしくなるとか、次の楽しみがないでしょう。

対談者A:小学校、中学校、高校みたいな進学感覚ですか?

対談者B:そうそう。

いまでも長寿のロールプレイン型ゲームがあるから、参考にしたらいいと思いますよ。

ポケモンGO改革ですね。

▽どんなゲームにでも飽きられる時期は来ます。

ポケモンGOはまだ最初のどん詰まりだから、これからが勝負時です。

対談者A:ポケモンGOはこのまま終わってしまうのでしょうか?

対談者B:そんなことはないです。

新しいスタイルを作ればいい。

ゴールまでを短くして、上級ステージをたくさん作れば大丈夫です。

どんな優秀なゲームでも飽きられるところから進化が始まるんですから。