ポケモンGOが中年のオジサンたちにウケているのなら、その方程式を使った新たなゲームづくりは可能でしょうか。

人気の理由をヒントに考えてみます。

▽共有ではなくて一人遊びの気楽さがヒント。

対談者A:ポケモンGO人気がオジサンたちに拡散している市場を見て、新たなマーケットリサーチが始まっているようです。

オジサンたちが想像以上にポケモンGOを楽しんでいる理由というのはどこにあるのでしょうか?

対談者B:共有の楽しさではなくて1人の楽しさ、積み上がっていく楽しさでしょうね。

特別に仲間をつくってスタートしていないから、同系の仲間を見つけたときは、新たなモンスターをゲットしたときより嬉しくもなる(笑い)。

この記事にも似たようなことが書かれてますね。→http://biz-journal.jp/2016/12/post_17510.html

▽ポケモンGOと同等以上の功績を築けるか。

対談者A:突き詰めていくと、ゲームは1人でも楽しいし仲間と一緒でも楽しい。

スマホはそういう世界を築いてきました。

それを加速させたのがポケモンGOです。

対談者B:その通りです。

だから中年のオジサンに引き続いてお客さんで居続けてもらうには、スマホとポケモンのセットは欠かせない。

知的で考え込むほどではなくて、馬鹿らしくもない~。

そういうゲームをつくりだせれば理想的なのですが。

対談者A:中年といっても気持ちは20代でしょうから、あまり年齢を意識する必要はないのでは?

▽ポケモン検定なんてどうでしょう。

ただし真面目な検定ではなくて、笑って興じているうちにレベルが上がっていくような?

対談者A:ポケモンGOと感覚的には変わらない面白さが出せればいいですね。

オジサンゴコロをわしづかみするようなモンスターをつくれるでしょうか?

対談者B:その手には乗らない人生の経験者ですから、ヘンにコンセプトメイクするより、作り手の面白さがそのまま伝われば大丈夫でしょうね。